マサジアートギャラリー 其田寿枝(そのだひさえ)のブログです。ギャラリー情報やオーダーメイド制作情報などを中心にアップしています。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


嘉穂劇場で現代アート展開催! ~嘉穂劇場水害復旧十周年記念~
2014年08月01日 (金) | 編集 |
水害から11年、復旧から10年を記念して、嘉穂劇場水害復旧十周年記念事業「そのだ正治とHARU現代アート展」が、2014年7月13日から20日まで開催されました。
kaho.jpg

2階からの舞台の展示風景。
k3.jpg

今回の正治さんの作品は、鉄製の大きなフクロウや
k1.jpg

くも
k4.jpg

陶と鉄を組み合わせた新作
m3.jpg
m2.jpg
k2.jpg
など11点を、

脩くんは、大きな天狗の絵をはじめ、様々な生き物6点を展示しました。
ha2.jpg

また、アートライブでは、三線の方やサックス、ピアノなどの音楽の協力もいただき、素晴らしいイベントとなりました。
mh1.jpg

二人とも全く打ち合わせなく、本番までどちらも何を描くのかわからないライブペインでしたが、仕上がってビックリ!
陰と陽が融合した、ライブペイントのテーマ「共栄の扉」にピッタリの絵が完成しました。

正治さんの作品は、太陽が地球という魚を手にし、魚の口から邪気が吐き出されている作品。
m1.jpg

脩くんの作品は、月夜の雪原で鶴が祝いの舞いを。
ha1.jpg
約50分間、母としても、妻としても目が離せない、とっても贅沢な一時でした。


今回の展覧会は、とっても思い出深い話から発展しました。

11年前、2003年7月19日は、福岡県飯塚市では記録的な大雨により、大変な水害被害がありました。
うちのギャラリーも床上浸水し、深いところで1メートルまで水が上がって、色々な機器、資材等が被害に。
でも、そんな中、嬉しいニュースが三男誕生です。

深夜1時頃に破水をしたため、まだ小学4年と2年の長男、次男に「産まれそうだから病院へ行ってくるね」と声をかけ、夫の正治さんの運転で飯塚病院へと向かいました。
その時は、パラっと雨がしたくらい。まさか、あんなに大雨が降るなど思いもしませんでした。
三男の脩くんが生まれたのは、それから2時間ほど経った、ちょうど雨が酷く降っている早朝3時半ごろ。
ドクターや助産師、看護師さんたちは「救急車が入りません!」など、なにやらバタバタしている様子。
後で思えば、その頃は既に道路は冠水し、救急車もたどり着けない状況だったのです。

今年の2月、嘉穂劇場のすずらん灯の改修工事のため、24基の支柱全てが、正治さんの創る現代アート作品へと生まれ変わりました。テーマは愛をベースにした「共存共栄」。24つの様々な生命が嘉穂劇場という地球に共存し、共に栄えていく、という意味です。

そうしたご縁から、水害の思い出話しなど話す中で、親子での展覧会、脩くんの誕生日には「ライブペイント」を披露することが決まりました。

こんな素晴らしいご縁をいただいたことに心から感謝しています。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。